口唇ヘルペスを早く治す

口唇へルぺスを一刻も早く治す方法を知りたい!

一度発症すると完治する事が無く、何度も再発を繰り返す口唇へルぺス。
口元に水ぶくれやかゆみを発生させる口唇ヘルペスは、気になるし恥ずかしいしで、一刻も早く治すにはどうしたらいいの!?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

気を付けなくてはいけないのは、口唇ヘルペスとは正しい知識で慎重に向き合わなくては、早く治すどころかかえって悪化させてしまう事もあるという事です。
口唇ヘルペスを早く治す為にと、無暗に患部に無暗に触ったり、自己判断でドラッグストアで購入した市販薬や保湿クリームを塗ってみたりする事は逆効果になってしまうのです。
今回は口唇ヘルペスを早く治す為に必要な4つの心得を紹介します。

口唇ヘルペスを早く治す為に必要な4つの心得

口唇ヘルペスを早く治す為に、以下の心得を守るようにしてください。

その1.患部は絶対に清潔に!

口唇ヘルペスを発症している状態であれば、患部を清潔に保つ事はマストで心がけてください。

ヒリヒリしたり、水ぶくれができている状態の肌は大変弱っている状態になり、細菌に感染されやすい状態になります。
ただでさえ口唇ヘルペスのウイルスに感染されているのに、細菌に二次感染までされたら、早く治すどころか症状が悪化して長引いてしまいます。
清潔な状態を守り、細菌を患部に近づけないようにしましょう。

大切なのは菌がウジャウジャ付着している指先で触らない事と、患部を鼻水などで濡れたままにしておかない事です。
また、患部の洗いすぎにも気を付け、入浴の際にはシャワーは直接当てないように、優しく洗うようにしてください。

その2.仕事はほどほどに!体調最優先!

口唇ヘルペスを発症したとしても、ほとんどの場合は仕事は休まず続ける事ができます。
ただし、口唇ヘルペスの発症には仕事に限らず過労やストレスが大きく関わります。
早く治す為には、少しでも仕事量をセーブしたっぷりの睡眠時間を確保して、ストレスフリーな生活を心がけるようにしましょう。

その3.お酒はNG!

アルコールは血管を拡張して、炎症を酷くしてしまう事があるので、早く治すには極力お酒を控える事が必要です。
また、アルコールは肝臓で分解されるものなので、お酒は飲めば飲んだだけ肝臓に負担がかかってしまいます。
肝臓はこの働きによってかなり体力を使うので、結果的に口唇ヘルペスのウイルスに対する抵抗力が低下してしまう事になるのです。

その4.一刻も早く抗ウイルス薬を使う事が大切!

口唇ヘルペスを早く治すのに一番4大切なのは、口唇ヘルペスの発症を感じてからどれだけ早く抗ウイルス薬を服用できるかです。

口唇ヘルペスは発症するとどんどんウイルスを増殖させる為に活動します。
抗ウイルス薬とはウイルスの増殖を抑制するもので、服用した時点でウイルスの増殖を抑える事ができます。

口唇へルぺスの発症から素早く抗ウイルス剤を飲む事で、ウイルスが増殖が最小限に抑えられ、症状も小規模に収まり、結果的に口唇ヘルペスを早く治す事ができるのです。
発症を感じたらすぐに病院に駆け込むか、またはあらかじめ抗ウイルス薬を購入しておくのもいいでしょう。

飲み薬を使えば口唇ヘルペスを最短で治せる

口唇ヘルペスの症状は、飲み薬タイプの抗ウイルス薬を服用することで素早く治すことができます。 最も有名な抗ウイルス薬はバルトレックスです。1日2回、1錠ずつの服用することで、水ぶくれやブツブツを最小限に抑え、最短で治します。

飲み薬であるバルトレックスでは、神経に潜んでいるウイルスまで抑えることが可能です。 市販されているような塗り薬タイプの薬では、体表に現れたウイルスにしか作用することができません。
身体の隅々にまで薬効が行き渡るバルトレックスでは、発症の予兆を感じた時点で服用することで、病変の発症を未然に防ぐことができます。

バルトレックスを購入する



ヘルペスメニュー

トップに戻る